現在地
  1. トップページ
  2. 教員紹介
  3. 荒木 剛 特任助教

顔写真

あらき つよし

荒木 剛 特任助教

Tsuyoshi Araki

細胞内シグナル伝達機構の細胞生物学的研究

研究キーワード

細胞生化学 刺激応答 細胞性粘菌 タンパク質修飾(リン酸化) 細胞骨格

担当科目

Materials and Life Sciences (Biology) (Green Science Core Subject), Fundamental Biochemistry (GS Common group II), Topics of Green Science 1, 3 (GS Specialised Subject), Green Science & Engineering III (Green Science and Engineering, Graduate school), Materials and Life Sciences Lab. A (GS), Biology Lab. 1, 2, 3 (GS)

研究概要

生物を構成する個々の細胞は常に周囲から刺激やストレスを受けており、その様々な刺激に適切に応答することで、生命を維持し機能することができています。それでは、細胞はどの様にして刺激を受け取り、そして細胞の中でどの様な仕組みが働いて応答しているのでしょうか?私は、「細胞性粘菌 学名:Dictyostelium discoideum」という土壌微生物を研究のモデル生物として、その仕組みの解明に取り組んでいます。特に、新規タンパク質の修飾(リン酸化)調節メカニズムと、刺激の受け手としての細胞骨格の役割に着目して研究を行っています。