現在地
  1. トップページ
  2. 教員紹介
  3. 鈴木 教之 教授

顔写真

すずき のりゆき

鈴木 教之 教授

Noriyuki Suzuki

有機金属化合物の特性を活かした有機合成反応の開発

所属領域:応用化学領域

研究キーワード

有機合成化学 有機金属化学 遷移金属触媒

担当科目

有機化学(有機反応)(2年)、科学技術英語(化学)(2年)、化学実験II(3年)、触媒反応化学(3年)、Catalysis Chemistry(3年)、有機金属化学特論(大学院)

研究概要

鈴木(教)研では主にジルコニウム、チタンなどの前周期遷移金属からなる有機金属化合物を研究の対象とし、新しい有機分子の合成、新規反応の開発などをおこなっています。温度応答性ポリマーを用いて水中触媒反応の研究もおこなっています。
主なテーマ
1. 安定な五員環アルキン、五員環アレン化合物の合成・構造決定と反応
2. 新しい機能を有する遷移金属錯体触媒の合成と開発
3. 環境調和型反応場を用いる有機合成反応

資料画像