現在地
  1. トップページ
  2. 教員紹介
  3. 臼杵 豊展 准教授

顔写真

うすき とよのぶ

臼杵 豊展 准教授

Toyonobu Usuki

自然界に存在する天然有機化合物のケミカルメディシン研究

所属領域:化学領域

研究キーワード

生物分子科学、天然物化学、有機化学

担当科目

【学部】天然有機化学、化学実験II 【大学院】有機化学特論(天然物化学)

研究概要

天然物化学は、自然界に存在する生物活性有機化合物(天然有機化合物)に関する学問領域です。天然有機化合物は地球誕生以来、自然淘汰の末に勝ち残ってきた物質であるため、一般的にその化学構造は複雑で、しかも強力な生物活性を有しています。有機合成化学的にチャレンジングな構造の全合成研究や、驚異的で多彩な活性をもつ未知化合物の探索・生合成研究など、天然有機化合物は多くの科学者の興味を惹きつけてきました。こうした天然物化学の先進的研究は、天然有機化合物が啓示する神秘に満ちた現象の科学的な究明に繋がるだけでなく、人類や社会に役立つ新しい医薬品、農薬、香料、化粧品、化学工業製品等の開拓や創製に大きく寄与しています。当研究室では、天然物化学やケミカルバイオロジー、ケミカルメディシンに関連する多様な研究プロジェクトを展開しています。