現在地
  1. トップページ
  2. 教員紹介
  3. 千葉 篤彦 教授

顔写真

ちば あつひこ

千葉 篤彦 教授

Atsuhiko Chiba

動物行動の発現にかかわる脳神経機構の解析

所属領域:生物科学領域

研究キーワード

フェロモン、性行動、記憶、学習、老化、概日リズム

担当科目

脳とホルモンの行動学(全学)、基礎生物学実験演習(1年)、動物生理学(2年)、生物科学実験Ⅲ(3年)、神経行動学(3年)、脳生理学特論(大学院)

研究概要

当研究室では、動物の様々な行動について、それを支配する脳神経機構を明らかにしようとしています。まず動物行動学の手法により、着目した行動を詳細に観察し数値化することにより客観的にとらえます。さらにその行動の発現に関する脳内メカニズムを神経内分泌学的、組織学的、分子生物学的手法など、必要に応じて様々な方法を駆使して解析します。現在は、①動物はなぜ異性の匂いに引きつけられるのか(フェロモン情報は脳の中でどのように処理されるか)?②加齢による学習記憶機能の低下(加齢性記憶障害)とホルモンの働き③両生類の概日リズムの発現機構、などについて研究を進めています。