現在地
  1. トップページ
  2. 教員紹介
  3. 近藤 次郎 准教授

顔写真

こんどう じろう

近藤 次郎 准教授

Jiro Kondo

生物物理学:生体高分子の構造研究と創薬/材料科学への応用

所属領域:生物科学領域

研究キーワード

X線結晶解析、構造生命科学、Structure-Based Drug & Material Design

担当科目

理工基礎実験(1年)、生物基礎(看護学科1年)、Fundamental Biochemistry(英語コース2年)、生物科学実験Ⅰ(2年)、生物物理学(3~4年)、ゼミナールⅠ・Ⅱ(3年)、卒業研究(4年)、生物物理特論(大学院)、Environmental Basic Biology(大学院英語コース)、生物科学ゼミナール(大学院)、大学院演習(大学院)

研究概要

 X線結晶解析などの生物物理学的研究手法をつかって、DNAやRNA、タンパク質といった生体高分子の「かたち」や「動き」を原子・分子レベルの目で観察し、それらの「働き」を明らかにする研究を行っています。これによって、複雑な生命現象をより詳しく理解することが可能になります。そして、これらの研究で得られた立体構造情報を利用して、微生物感染症や遺伝病に効く新しい薬剤や、高機能生体素材の設計・開発を目指しています。

資料画像